食物栄養科学
研究科

Food Sciences and Nutrition
PDF パンフレット
ダウンロード

卒業後、よりハイレベルな研究活動
および臨床研究に取り組める
大学院への進学の道が開かれています。

大学院│食物栄養科学研究科
◎修士課程2年(修士) ◎博士後期課程3年(博士)

食物栄養学専攻

栄養学の高度な知見を活かして、
予防と治療の両分野で活躍する
人材を養成

人々の健康づくりに貢献できる栄養学の専門家を養成します。主に予防学分野で活躍をめざす「健康栄養科学コース」と治療分野に強い管理栄養士を育成する「実践管理栄養コース」を設置。なお、「健康栄養科学コース」では栄養教諭専修免許課程の認可を申請中です。

健康栄養科学コース

機能性物質の生活習慣病予防効果、食品成分因子によるアレルギー発症機序や分子栄養学的研究および、疫学手法による地域・職域の健康課題の解決、集団レベル(市町・府県・国など)での栄養調査と健康教育手法の開発・評価手法などの研究を行います。官公庁技術公務員、関連施設の教育研究職などが主な進路です。

実践管理栄養コース

長期臨床実習を通じて高度職業人たる管理栄養士を養成します。Nutrition Support Team(NST)への参加からチーム医療に関する最新の知識と臨床研究の専門知識を修得。国公立病院管理栄養士、関連施設の教育研究職などが主な進路です。

食創造科学専攻

企業との実践的な共同開発などを通じて
業界をリードできる食の専門家を養成

食産業界の先導者として新しい製品やサービスを創出できる食の専門家を養成。食産業界で幅広く活躍できる能力を養うため、学術・実務の両面から研究を展開します。LC/MS高速アミノ酸分析システムや液体クロマトグラフ質量分析計などの最新機器を駆使した分析技術の修得とともに、「食考房」では企業との共同研究やコラボ開発を体験。メニュー開発や新製品の企画・開発などに挑戦することで、企業をはじめ広く業界と関わりながら研究を深めます。これにより、食に関する卓越した専門力と探求力および国際的な場で実践できる知識と教養、さらには食産業界でリーダーシップを発揮できる技術力とコミュニケーション能力を身につけ、豊かな発想から生まれる創造的な研究に取り組むことができる食の専門家をめざします。